プロフェッサーXの発明日記

発明家プロフェッサーXが思いついたままに発明案を公開します。モットーはバカバカしくても、非現実的でも、売れないと思っても、面白おかしく思考を巡らせることです。 もし投稿している発明家を採用してくださる企業や個人があればご連絡くれるととても嬉しいです。アドバイザー料は出世払いでも寿司でも応相談です。

スマートお化け屋敷

【背景】 添付の記事にあるように、スマートホームの機能を使って家族に嫌がらせ、というかDV(家庭内暴力)に利用する輩がいるらしい。テクノロジーを悪用するとはけしからん奴らである。マッドサイエンティストの私としては、もっと面白い方向性に持ってい…

【究極の発明】絶対目覚める目覚まし時計

多くの人が夢み、多くの発明家が考えて、そして実現していない、究極の発明の一つが、「絶対目覚める目覚まし時計」だろう。もしこれが実現すれば、発明家は大儲けができること間違いなしである。当然私も考えてはいるが、今の所有望なアイディアはない。そ…

穴付きレンゲ

【課題】 味噌ラーメンなどを食べていると、コーンなどの具が残ってしまう。箸ではなかなかすくえないし、レンゲですくおうとすると、スープと一緒になってしまい、スープを落とそうとすると具も一緒に落ちてしまう。スープも一緒に飲むとカロリーと塩分を過…

自動アクとり機

【課題】 スープや鍋、煮込み料理を作るときに面倒なのがアクを取ることである。一度に大量に出るわけではなく、長時間鍋の前に立って、辛抱強くおたまで少しずつ取っていかなければならない。特にラーメン屋は大変だろう。毎日大量のスープを作り、丹念にア…

手羽先手袋

【課題】 カニや手羽先、ポテトチップを食べるときに、手が汚れてしまい、熱いものは掴めない。箸や器具を使って食べることができるが、細かい部分をほぐし、肉を剥がすのは難しい。また油が手につくとおしぼりなどではなかなか汚れがとれない。 【改善策】 …

書ける紙コップ

【課題】 ホームパーティーや屋外イベントでは飲み物を紙コップで飲むことがある。しかし時間が経つにつれて、紙コップが誰のものかわからなくなってしまう。ペンなどで自分の名前や目印を付けようとしても、ペンがなかったり、書くのが面倒だったりする。 …

聴覚障害者サポートアプリ

【課題】 聴覚障害者にとって呼びかけても聞き取れないことや、非常時に危険を音で認識ができないことが問題であると考えられる。そこでスマホやウェアラブル端末を用いて、聴覚障害者をサポートする。 【解決方法】 耳などにイヤホンのようなウェアラブル端…

盲導犬ロボット

【課題】 盲導犬は視覚障害者にとって頼りになるパートナーであるが、盲導犬を育成するには多大な時間とコスト、犬の資質が必要となる。現在盲導犬は全国で1000頭が活躍しているが、必要としている人は8000人いると言われ、視覚障害者は31万人いる(障害の程…

未来の科学の夢 絵画展 in 国立科学博物館

先日上野の国立科学博物館に行った際に、小・中学生が描いた、未来の科学の夢の絵の入選作品を展示した、未来の科学の夢絵画展なるものがあったので見物した。なかなか子供の発想力というものはあなどれず、こいつは便利だと思える発明があった。割とエネル…

お節介機能の考察

スマートフォンやAIの発達によって、これまで受動的な機能から能動的な機能が追加されつつある。このシステムの古典的な例がレコメンドシステムである。Amazonでは購入者の購買履歴を分析して、その購入者が次に欲しいと思うような商品を自動で宣伝してくる…

電池不要マウス

【課題】 ワイヤレスマウスはコードがないので便利であるが、電池の交換が意外に多く必要であり、特にいざというときに電池が切れると結構焦る。 【解決策】 電池以外の方法で電力を供給する。また電力の消費を極端に抑える。後者は置いておいて、前者の方法…

自動挨拶メール

【課題】 しばらく会っていない友人にメールを送るのは緊張するが、ちょっと返信が楽しみになったりする。とはいえ照れ臭いし要件もないのにメールを送るのは気がひけるという人が多数派だと思う。まして異性にはなおさら送りづらい。しかしそのまま疎遠にな…

ピストン式簡易発電機

【課題】 電力インフラが整っていない発展途上国では、今でも夜中に電灯が使えずに火による照明が使われている。夜の明かりがない環境は危険であるし、夜間の活動が極めて限られる。その問題を解決するために、ソーラー充電ランタンなどが販売されているが、…

顔補正メガネ

【課題】 スマホの自撮り写真を加工するのが若い女性の中で流行っているらしい。したがって最近のSNSなどの顔写真は全く信用できない。出会い系とかで初めてあった女性が写真と全く違うと失望することは多いだろう。騙すならいっそデートの間中ずっと騙され…

QRコードの口コミ

【課題】 現在の飲食店にとって食べログやRettyのような口コミサイトの評価は重要である。そのためには多くの口コミが寄せられることが必要になるが、人気店や有名店でないとなかなか投稿が集まらないことがある。そのためにより簡単に投稿できる方法が必要…

LINEで店舗予約

【課題】 飲み会などのために店に予約をするために電話をするのは結構面倒である。店員からしても電話に応対する、特に営業時間中は、結構手間がかかる。 【解決方法】 LINEなどのメールアプリで店舗の空き状況を確認でき、空き時間に予約ができるようにする…

リアル佐為

【背景】 近年AIによる将棋や囲碁の分野での活躍は目覚ましく、すでにプロ棋士を凌駕する実力を備えている。一方個人のブログやメールなどから性格や特徴を分析し、AIによって自動的にコメントを作成する技術も開発されている。極端にいうとAIによって人格を…

国際ロボット展2017の考察あれこれ

【会場一望】 先日東京ビックサイトで行われていた国際ロボット展に行ってきたので、色々学んだことがあったり思うことがあったので書いていく。 【ロボットアーム(安川電機製)】 今の所ロボットといえば、大半はロボットアームのようだ。あまり足や腹はあ…

ロボホンと一緒にエアー同窓会

【課題】 年末年始に差し掛かると同窓会やら忘年会、新年会などのお誘いが来る。しかし忙しい現代人が同じ時間に一つの場所に集まるのは家庭やら仕事やらその他諸々で難しい。スマホやskypeなどのネット通話によってエアー参加することは可能だが、ずっとス…

ペット向けスマートウォッチ

【課題】 スマートウォッチをみていて思うのは、そんなに頻繁に通知とかくる意味あるか?ということである。位置情報とか生体情報(心拍数や血圧など)のデータとか取らなくても、自分の体調ならわかりそうなもんである。よほど健康に心配する人(赤ちゃんや…

自動エサやり機

【課題】 ペットを飼っている世帯、特に単身者にとって、出張や旅行などで家を開けるときにペットの餌が問題になる。知り合いやペットホテルがある環境があればいいが、突発的な事態であればそれも難しい。それでなくても毎日毎食餌をあげるのはなかなか難し…

一言の口コミ(特開2015–090576)

【課題】 飲食店をはじめとする口コミは、あらゆる商品にとっての判断基準の大きな一つになっている。しかし多くの消費者にとって口コミを書くことに抵抗を感じることが多い。理由としては凝った文章を書こうとしようとして結局うまくいかずに諦めてしまうこ…

スマート糠床

【課題】 糠床はペットのようだと言われることがある。毎日かきまぜるなどの手入れをしなければならず、手入れによって表情を変えるらしい。しかし忙しい現代人にはなかなか毎日の手入れをすることはできない。 【解決方法】 毎日自動でかき混ぜてくれる糠床…

人口予報マップ

【課題】 普段行かない場所や、たまたま通りかかった場所で、人の波に襲われることがある。人気歌手のコンサートやお祭り、コミケなどなど。もし知っていたら今日は行かなかったのにと思うが、その情報を事前に知ることは困難である。 また出張や旅行などで…

行列管理アプリ

【課題】 人生の中で無駄な時間の一つは行列に並ぶことである。人気店では日々店のキャパシティを超えた人数が集まり、行列を作る。これは顧客にも不満がたまるし、店側も顧客の不満の回避や行列を見て帰るという機会損失につながる。 【技術的考察】 アプリ…

3Dプリンタによる大型機械のプラモデル

【課題】 製造業の新人にとって、大型機械のようなものはその全体構造を理解するのは難しい。大型機械は数百、数千、数万の部品からできており、それらを全て理解するのは難しく、それでいて部品から全体像を想像することも難しい。それでいて製造に関わる職…

着ぐるみダンスロボット

【課題】 連日の猛暑の中、ポケモンGOの宣伝のためかピカチュウの一群が踊っている映像を見てポツリと思った。中の人殺す気かよ、と。最近は熱中症対策として作業着に冷房をつけた空調服というものもあるが、多分彼らにはそのような装置はつけられないだろう…

公共宅配ボックス

【課題】 ネット通販の拡大によって、多くの人が自宅に宅配を依頼している。しかし通販の過剰化に伴う宅配量の増加は宅配業者の容量をパンクさせており、特に受取人不在による再配達は宅配業者に過剰な圧力となっている。一昔前であれば隣近所の人が預かって…

肩乗せカメラ「目玉の親父」

【課題】 近年スマホやデジカメで撮った写真をSNSで公開する人が増えている。さらに動画の投稿も増えている。このようなとき、投稿者はずっとスマホで撮影をしていると思われるが、撮影者は撮影中片手がふさがってしまう。これは結構不便である、クロロが片…

蚊取りドローン

【課題】 夏の大敵である蚊は日本人にとって憎しみの対象である。しかし21世紀になって10年以上経っているのに未だに人類は蚊を倒すために手を叩かねばならない。このような理不尽があるだろうか? 【問題の分析】 蚊取り線香やバルサンのように薬品を使っ…